勉強・資格・DX

三路スイッチがよくわかりません。

三路スイッチとは、2つの三路スイッチだけで、照明のON、OFFを行うことができるものです。例えば、階段や廊下でよく用いられ、場所を移動しても、ON、OFFを、その場所の三路スイッチ1つだけで、行うことができます。

どちらのスイッチを押しても、今の状態の反対の状態を創り出すことができる、ということです。

仕組みとしては、三路スイッチが2つあることと、三路スイッチの中の回路が、片切りではなく、2つに分かれていることがキーです。

三路スイッチの内部で、回路が2つに分かれており、この回路の切り替えができます。ある時、両方がONであっても、1つの三路スイッチをOFFにすれば、照明は消えます。そして、もう1つの三路スイッチの方に行き、スイッチを押せば、向こう側のOFFと同じ回路になることから、回路がつながり、ONになるという仕組みです。

最初に考えた人は、頭がいいなぁ、と思いました。第2種電気工事士試験には必須ですので、ぜひ、理解し、配線図を読めるようになり、実際に作ってみてください。

総合得点 -
0
  • 知りたかった質問でした! / 興味深い内容でした!
    -
  • わかりやすい解説でした! / 共感できる内容でした!
    -
  • 仲間にも伝えたい!教えたい!薦めたい!
    -

Reply 一覧
0

まだクチコミが投稿されていません。
クチコミを書く

三路スイッチがよくわかりません。

error: Content is protected !!