生活・暮らし・趣味

大学までの通学時間が1時間半や2時間という人はいますか?

高校までだと、通学時間が最大でも1時間という人も多かったかもしれません。しかし、大学は、日本全国から学生が集まります。このため、1時間~1時間半という人は普通にいます。2時間の人もいます。

通学定期は安いので、遠くから通っても、そこまで値段が高いことはありません。一人暮らしではなく、新幹線で通学する人もいます。

通学時間が長く感じるかもしれませんが、友達との語らい、試験や資格の勉強、英会話の勉強、人生や将来を考える、レポートを書く(あるいは構想を練る)、という、大変貴重な時間をとることができるのがメリットです。

また、乗り継ぎや遅延の関係で、大学に早く行こうとするので、生活のリズムも整いやすく、意外と、通学時間が長い人の方が成績が良い、ということもよくあります。

大学は、みんな同じではありません。よく見ると、実は、学びの内容が異なっていることが多いです。通学時間も大切ですが、長くてもメリットがあります。それよりも、オープンキャンパスやその他イベントを活用して、本当に自分に合っている大学なのか、本質を見極めた方が良いでしょう。

総合得点 -
0
  • 知りたかった質問でした! / 興味深い内容でした!
    -
  • わかりやすい解説でした! / 共感できる内容でした!
    -
  • 仲間にも伝えたい!教えたい!薦めたい!
    -

Reply 一覧
0

まだクチコミが投稿されていません。
クチコミを書く

大学までの通学時間が1時間半や2時間という人はいますか?

error: Content is protected !!