勉強・資格・DX

海流と気候には関係があるのですか。エルニーニョ現象やラニーニャ現象について教えてください。

エルニーニョ現象とラニーニャ現象は、それぞれ数年おきに発生するといわれています。世界の異常気象を引き起こす原因だと言われています。

【平常時】

太平洋の熱帯域では、東風の貿易風が常に吹いています。海面付近の暖かい海水は、貿易風によって南米ペルー沖から太平洋の西側にあるインドネシアへと流されます。このため、インドネシア近海では表層に暖かい海水が集まります。この時、インドネシア近海の深海の冷たい水は、南米ペルー沖の深海の方へと流されていきます。そして、東風でペルー沖の表層の水がインドネシアに流されてしまったため、ペルー沖に流れてきた深海の冷たい水が、ペール沖の表層まで上がってきます。このように、貿易風(東風)のため、海水が表層 ⇒ 深海 ⇒ 表層へと循環しています。

このため、西のインドネシア近海の水温は上昇し、東のペルー沖では水温が低下します。したがって、西のインドネシア近海の太平洋赤道域では、海面から蒸発が盛んに起き、大気中に大量の水蒸気が供給されることになります。そして、上昇気流が生じ、積乱雲がたくさん発生し、台風になったりしていきます。

【エルニーニョ現象】

貿易風(東風)が平常時よりも弱くなると、エルニーニョ現象が発生します。そうすると、平常時は、西のインドネシア近海にあった暖かい水が、それほど表層の水が風により西に流れなくなるため、日付変更線のあたりまで広がっていきます。こうなると、西のインドネシア近海の深海の冷たい水の東部への流れが弱くなり、東のペルー沖での冷たい水の上昇が弱まります。つまり、水の循環が起きにくくなるわけです。このため、東のペルー沖であっても、水温が平常時より高くなります。こうなると、積乱雲は、西のインドネシア近海より東の方(日付変更線のあたり)で発生します。これは、平常時と異なり、西のインドネシア近海へ暖かい水が多く流れてこないため、西のインドネシア近海の水温が低下してしまいます。このため、積乱雲が発生しにくくなります。

この状態が1年程度続く現象を、エルニーニョ現象といいます。

エルニーニョ現象が続くと、日本付近では、夏に太平洋高気圧が弱くなります。気温が低く日照時間が少なくなることがあります。また、西日本日本海側では、雨が多くなることがあります。冬は、西高東低の気圧配置が弱まり、暖冬になることがあります。

【ラニーニャ現象】

貿易風(東風)が平常時よりも強くなると、ラニーニャ現象が生じます。そうすると、西のインドネシア近海に暖かい水がより多く集まります。東のペルー沖では、冷たい水の上昇が平常時より多くなります。このため、日付変更線からペルー沖にかけて、水温が平常時よりも低くなります。このため、ラニーニャ現象が発生すると、西のインドネシア近海では、積乱雲がたくさん発生します。

この状態が1年程度続く現象を、ラニーニャ現象といいます。

ラニーニャ現象が続くと、日本付近では、夏に太平洋高気圧が強くなります。気温が高くなり、酷暑や熱帯夜が続きます。沖縄・奄美では、南からの湿った風により、雨が多くなることがあります。冬は、西高東低の気圧配置が強まり、冷夏になることがあります。

総合得点 -
0
  • 知りたかった質問でした! / 興味深い内容でした!
    -
  • わかりやすい解説でした! / 共感できる内容でした!
    -
  • 仲間にも伝えたい!教えたい!薦めたい!
    -

Reply 一覧
0

まだクチコミが投稿されていません。
クチコミを書く

海流と気候には関係があるのですか。エルニーニョ現象やラニーニャ現象について教えてください。

error: Content is protected !!